怒りをコントロールする方法を考える

怒る猫 ネタ・雑記

どうも、ウサギです。

 

みなさん、怒ってますか~?

お元気ですか~?くらいのテンションで急に聞かれても困ると思いますが

今この文章を読んでいるアナタは特に怒りMAX状態ではないのではないでしょうか。

 

でも、普通に生活していても怒りを感じる場面はありますよね。

例えば、教室の引き戸を開けると挟まれていた黒板消しが頭の上に落ちてきたり、

チョークの粉で目をやられながらヨロヨロと一歩進むと、足元に張られていたロープに足を

とられて転んだり、転んだところには粘着テープが敷き詰められていて髪の毛が

くっついてはがれなくなったりした時、

あるいは、彼女が浮気していたことが発覚した時や、さらにその浮気相手が10年来の親友で

あることが分かった時や、よく聞くと実は自分のほうが浮気相手だったと知った時にも

怒りを感じがちです。まあ・・・いろいろな理由があると思います!

 

人は怒りを感じるといつもの自分ではなくなります。

とある戦闘民族はおだやかな心を持ちながら激しい怒りによって

スーパーになることもあるようですが、そういう話ではありません。

 

頭に血がのぼるという表現もあるように、紅潮し興奮状態になり、

大きな声を出したり、暴力をふるうようなこともあるでしょう。

それによって人間関係が壊れたり、ギクシャクするようなこともあるかもしれません。

 

円滑な人間関係のためにも、怒りをコントロールする方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

怒りを感じたら深呼吸する

落ち着いたりリラックスしたいときには「深呼吸」が有効です。

怒りを感じたときにも「深呼吸」は効果的ではないでしょうか!

 

ただ、冷静に考えてみると、怒った相手の顔色が変わったあと

大きく深呼吸されるというのは・・・それはそれで怒りの大きさを

あらわしているようでなかなか威圧感がありますね( ノД`)コワイ

怒りを感じたら寝る

怒りを感じた時にはとりあえず「寝る」というのはどうでしょう。

部下がミスったら・・・寝る!注文した料理に虫が入ってたら・・・寝る!

いやなことがあったら寝る!寝て忘れる!・・・無理か

 

でも、ジワジワこみ上げる的な怒りの場合は有効かもしれません。

寝て起きたら、なんであんなことで怒ってたんだろ~ふしぎ~

みたいなこともありますよね。

怒りを感じたら笑う

怒りを感じたら「笑う」のはどうでしょうか。

 

体は心にひっぱられ、心は体にひっぱられます。

心も体も「怒り」状態から、とりあえず体だけでも「笑う」

そうすると、怒り状態だった心も和らぐかもしれません。

 

ただこれも相手からするとなかなか迫力のある画になりそうです。

顔色が変わり明らかに怒った相手が、顔色はそのままに顔に笑顔を

はりつけるのです。おそらく背景にはゴゴゴゴゴゴゴと擬音が入るでしょう( ノД`)コワイ

怒りとはなんなのか?原因は?

そもそも怒りってなんでしょうか。

漢字を分解すると「女」「又」「心」となります。

女、又、心・・・下ネ  いや、何も思いつきませんでした。

怒りの種類、怒りという感情

怒りといってもいろいろ種類があります。ジワジワこみ上げてくるものや

衝動的なもの、継続するイライラ状態もそうですよね。

怒りを感じる理由も強さもいろいろですが、根本にあるのは

自分の思わくと違う、思い通りにならないといった感情ではないでしょうか。

 

例えば、勉強をしていなかった子供に対して怒りを感じるのは、

やっているだろうという思わくが外れたり、約束をやぶっていて思い通りに

ならなかったことに対しての怒りではないでしょうか。

 

そうして怒りを感じた時に、感情に任せて怒鳴ったり叩いたり、

そこまでしなかったとしても、一方的に自分の意見を押し付けたりすることで

いったん自分の怒りの感情は落ち着くかもしれませんが、円満に問題が

解決したとはいえないでしょう。

怒りの持続時間

人は怒りを感じたとき、特に最初の6秒間に怒りのアドレナリンが強くでるようです。

なので、まずは興奮状態になる自分をグッと抑えましょう。そしてできるだけ冷静に

何に対して怒りを感じているのか分析します。怒る必要があるか考えるのです。

 

怒りを分析した結果、怒るべきだ!と考えた場合、相手を責める前にまずは

自分の考えを伝えます。相手の認識と自分の考えが一致するのかを確認するのです。

ここまで落ち着いて話すことができれば、たとえ相手に非があったとしても、

自分が怒りを感じていることを冷静に伝え、今後どうしてほしいのか、相手は

どうしたいと思っているのかなど、話し合うことができるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、怒りのコントロールについて考えてみました。

 

怒りを感じないようにすることはできませんし、怒りの感情も必要です。

大事なのは、怒りを感じたときに、どう向き合ってコントロールするかです!

 

待ちガイルに当たった時や、最後の最後に漁夫られたときなど

大声で発散しないといけないこともあれば、冷静になっても解決できないことも

当然ありますが、怒りのままに動くのではなく、自分の意志で行動決定しましょう!

 

コメント